合格体験記

初級試験合格体験記:たかぎまさひこ様

・お名前: たかぎまさひこ様
・エリア: 関東
・合格グレード:初級

Q1:PHP経歴年数とPHPに出会った際の第一印象についてお教えください。
学 生時代にWEBアプリケーションを作りたいと思い、2番めに手を付けたのがPHPでした。実は最初はASPだったんですが、これは制約が多く、無知状態に は若干の二の足でした。他に無いかと本を探し、PHPを手に取りました。本が良かったのかもしれませんが、ASPと比べて取っ付きやすく、掲載されている 例題を丸写しするだけで大きく上達しました。
以来就業後もRuby,Perl,JavaScriptと言語をかえてくるなかで最初のPHPで覚え た概念が活きています。ただ、当時からClassと継承の概念を意識していればもっと先に行けたと思います。そこの認識を甘くしてしまうことがPHPの欠 点であり、PHPユーザの中間層が居ないこともそれが原因だと思っています。

Q2:PHP技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。
転職したい会社があり、その会社ではPHPをメインに据えていたためでした。これまで資格を軽視してきた背景からなんにも持っていない状態であったため。

Q3:PHP技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?
いくら長年使ってきていても知らないことは存在します。そういった小さな知らないことを知っていくことが大切なのですが、試験を受ける際に推奨本を隅々まで読むと、これだけで非常に勉強になりました。試験が無ければ読まなかっただろう本。 なめてはいけませんね。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
NO

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?
創 造的価値のアウトプットを行うための包括的俯瞰力を大切にしています。コードは動けば良いのです。 お金を生まない活動は破壊的行為です。しかし自分も土日になれば破壊しています。自分の余命をね。そしてどれ代の値を削っても、会社はそれを評価しません し、お客には解りません。ownproductであれば実装の遅れを助長します。いいことがない!と云うことを忘れないように努力しています。と云うのは ここのところを私たちはよく間違えるからです。世の中に価値を提供するために行き過ぎない程度に整頓されたコードが正義です。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
一 点集中でない技術範疇を持ってきたため、一点突破の技術者になることはありません。そういう自分が目指すところは一点突破の技術者を統括すること。技術者 の幸せと一般的な幸せは違う。そこを理解してつなげていくことができます。それに自分には創造した価値を誰もが使っている状態を持つという夢があります。 大切なのはそれを一人で作ろうとは思っていないうこと。

世界各地で運用しているサーバとそこで動いている価値創造プロセスの戦略的マネー ジを行うことにより、現地での商売がうまくいき、自分には賞賛がかえってくることが理想です。対して目標は労働以外の活動から10万円/日の実収入を得る こと。これらのことには技術力が欠かせず、PHPだけではなく端的に全部です。など偉そうに言っても自分まだ初級ですけど、

関連記事一覧