合格体験記

初級試験合格体験記:山本 拓郎様(サン・コンピュータ)

◆合格者情報

・所属会社:株式会社サン・コンピュータ
・所属会社のURL:http://www.sancom.co.jp/
・お名前:山本 拓郎
・お名前読み仮名:やまもと たくろう
・エリア:東北
・合格グレード:PHP5技術者認定初級試験

Q1:PHP経歴年数とPHPに出会った際の第一印象についてお教えください。

PHP 言語は専門学校で初めて知りました。知って以来、研修や実務で使い続けていますので、経歴年数としては3年間ほどになります。出会った時の第一印象は、や りたいことが簡単に実現できてしまう「ツール」だなと感じました。豊富な情報量の公式言語リファレンスをはじめ、インターネット上に圧倒的に情報量が多 く、開発しやすい言語であることは間違いないと思います。

また、他の言語よりもゆるい言語仕様となっていてさくさく作っていけるため、本当に開発していて楽しい言語だと思います。ただ、要所は抑えておかないと思わぬバグやセキュリティホールの原因にもなるので気を付けなければなりません。

ま た、近年の傾向をしっかり取り入れて進化していく言語でもあるので、ある程度PHPの経験を積んだプログラマであっても、常にスキルの向上をしていけると 思います。PHP5からはJava言語のようなオブジェクト指向などにも対応していますのでMVCモデルのフレームワークなどを用いて本格的かつ体系的な 開発まで出来ます。やっていて飽きないです。

Q2:PHP技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。

会 社でソーシャルアプリ開発研修を受けているのですが、その研修の中でPHP技術者認定試験を合格するということが一つの目標として設定されたからです。目 標があればそれに向かって頑張れるものです。勉強方法としてはまずはオライリーの参考書を読み進めていくことからでした。そこで得た知識を、実践的な開発 実習をこなすことで技術を定着させていきました。
なにか簡単なウェブシステムを作ってみることで、分からないことを調べて解決するという流れを知ることが出来ます。分からないことはまず調べて「なるほど」と思う癖をつければ自然と技術は向上していくはずです。

Q3:PHP技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?

一 つの目標を達成できたという点で満足しています。やはり勉強してきたことが対外的な機関から認定され評価されるということは嬉しいものです。こういった認 定試験は自分の実力がどの程度のものなのかを知る非常にいい機会でもあると思います。また、モチベーションを維持して勉強できるきっかけになったという点 も良かったなと思います。今回は初級でしたので、機会があったら上級試験もチャレンジしてみたいと考えています。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?

あります。

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?

技術者として大事にしていることは二つあります。一つ目は常に興味を持って新しいことを取り入れていくことです。「唯一不変な事は、世界は変わるという事」という言葉を胸にとめて技術者をしています。PH言語も今も進化を続けていますし業界そのものも常に変化しています。
その変化に喰らいついてでもついていく必要があるとおもいます。

二つ目は今の自分の技術に満足しないことです。これは先輩の方からも教わったことなのですが、満足してしまったらそこで成長は止まります。常に満足することなく貪欲に知識を取り入れていけたらと思います。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。

今 後の技術者としての目標は、ニーズのある技術者となっていくことです。私はただ自分の技術を向上して満足するために技術者になろうとしたわけではありませ ん。常にFor(為に)がある技術者になりたいと思っています。自分の為、家族の為、会社の為、お客さんの為、地域経済の為。Forを忘れてしまってはい い技術者になれないと思います。ですので短いスパンの目標としては、今回の検定試験で得たことを何かの為に活用していくことです。

関連記事一覧