教材種別と申請方法

本機構では以下の教材を認定しています。

主教材
理事会で承認が得られた、オライリー・ジャパン出版によるPHP技術書籍

副教材・Eラーニング教材
・申請があり、理事会と諮問委員会で承認が得られた教材です。試験範囲の全てをカバーしていなくてもいいが、主教材を補う教材としての記載があることが条件です。試験範囲の個別項目については難易度を超えていなくてはいけません。
・承認手順:申請があった場合、理事会で指名・承認された人材が代表して申請レポートを作成します。その申請レポートを理事会及び諮問委員会で承認作業を行うことで認定といたします。
・「認定副教材」、「認定Eラーニング教材」の呼称を使用しなくてはいけない。
・「認定副教材」、「認定Eラーニング教材」としてWeb等でご紹介をさせていただきます。

申請料金:10万円(税抜)/教材

補足:認定スクールは認定がとれていない他の副教材を使用することは可能です。

試験対策本
・申請者より申請があり、理事会と諮問委員会で承認が得られた教材です。
・承認手順:申請があった場合、理事会で指名・承認された人材が代表して申請レポートを作成します。その申請レポートを理事会及び諮問委員会で承認作業を行うことで認定といたします。
・「認定試験対策本」及び「PHP技術者認定機構 監修試験対策本」の呼称を使用できる。
・「認定試験対策本」及び「PHP技術者認定機構 監修試験対策本」としてWeb等でご紹介をさせていただきます。

申請料金:10万円(税抜)/書籍

カテゴリー