MENU

近藤 義樹様のPHP7技術者認定初級試験合格体験記を公開しました。

2020 2/12
近藤 義樹様のPHP7技術者認定初級試験合格体験記を公開しました。

◆合格者情報
・お名前: 近藤 義樹
・エリア: 中部
・合格グレード: PHP7技術者認定初級試験

Q1:PHP経歴年数とPHPに出会った際の第一印象についてお教えください。
学生時代にウェブサイト制作に興味を持ち、独学で勉強をしていました。
ふとネット掲示板を実装したいと思い、調べていく過程でPHPで実現できることを知りました。
PHPを学習したての頃はエラーが多発し、解決に四苦八苦していた覚えがあります。
しかし、回を重ねるごとにエラー解決能力がみるみる上がっていき、理解が深まりました。
その理由は、PHPのエラーメッセージがわかりやすく、解決するためのアプローチがしやすかったことにあります。
かれこれPHPを使い始めてから7年が経ちますが、様々な失敗を重ねてきたことで、スキルアップ出来ました。
いろいろと振り返ってみて、Web系分野の知識・技能を磨くにはPHPが最適だと思います。
PHPは扱いやすく、面白みのあるプログラミング言語であり、容易にWebシステムを構築できることが強みですね。

Q2:PHP技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。
PHPには普段から親しみがあるので、試験はすごく自信がありました。
しかし、今までPHP5ばかりを使い込んできたため、PHP7の新機能についての理解が浅いと感じていました。
PHP7の試験がリリースされたということもあり、せっかくの機会なので新機能について勉強しようと思ったのがきっかけです。
あとは、公式テキストのプレゼントキャンペーンが開催されていて、応募したら当選したので「これはもう受けるしかない!」と思いましたね。
1週間で公式テキストを3~4周し、全問余裕で解けるようになるまで練習しました。
それ以外の教材は特に使わず、公式テキスト一択で受験しました。

Q3:PHP技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?
楽しみながら解いたので、満足です。
PHPの復習にもなりましたし、PHP7の新機能についてより一層理解が深まったと思います。
特に「宇宙船演算子」と「null合体演算子」という便利な文法について知らなかったので、この機に実務でも活用していきたいです。
今後は、試験勉強の時だけでなく、自主的にPHP7の新機能について調べていきたいと思いました。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?
IT業界では様々な知識・技能が求められ、その範囲・分野も多岐にわたります。
ひとつの分野だけを極めるのではなく、今あるスキルを活かし、新しい技術を学ぼうとする姿勢を大事にしています。
そのためには自分自身が「夢」を追い求め、成長し続ける必要があります。
経験なくして「夢」の実現はあり得ません。
人生とは常に勉強の連続だと思います。これからも目標に向かって突き進んでいきたいです。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
これまで習得した知識・技能に加え、さらなるスキルアップを目指しています。
今後は、高難易度の資格試験にどんどん挑戦して行く予定です。
もし、PHP7の上級試験がリリースされたら、高得点で合格できるように勉強しておきたいと思います。
注意したいことは、資格試験ばかりに固執しないように、実力面にも磨きをかけていきたいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる