合格体験記

初級合格体験記:宮下元利様

◆合格者情報
・お名前:宮下元利様
・エリア:北海道
・合格グレード:初級

Q1:PHP経歴年数とPHPに出会った際の第一印象についてお教えください。
PHP経験年数は約6年になります。

私がPHPに出会ったのは2009年でした。大学のゼミでの研究において、HTTPで応答を返すサーバーを構築する必要があり、PHPを使うことになりました。HTMLとjavascript、C言語の知識はあったため、導入は比較的容易に行うことができました。

第一印象としては、C言語(C++)ライクでサーバサイドプログラムを書ける良い言語という印象でした。また、HTML構文の中に埋め込むこともできるところが面白いなと思いました。

Q2
:PHP技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。

ここ数年で、趣味でPHPを使ったWebサービスを作る機会が増え、現在のスキルがどの程度のものなのかを知るために受験することを決めました。PHP技術者認定試験に合格することで一定以上のスキルがあることの証明になると思ったためです。

勉強方法は、認定教材である「初めてのPHP5 (増補改訂版)」を2度さらっと読み、「徹底攻略 PHP5技術者認定[初級]試験 公式問題集」を1回チャレンジして、受験前に正答率の低かった箇所を再度見直しました。

Q3
:PHP技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?
満足しています。実際にテキストで学習してみると知らない情報がたくさんありました。分かったつもりになっていて、まだまだ勉強不足ということを痛感する良い機会になりました。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?
お客様が真に望んでいることを実現するシステム開発です。課題の抽出から実現まで、お客様がお困りの課題を本当に解決できるシステムを実現することを大切にしています。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
私人としては、より幅広いユーザーの方々に信頼されて使われるサービスの開発・提供を行いたいと思っています。特にWebサービスの開発に力を入れていきたいので、上級試験にもチャレンジしていきたいです。

公人としては、PHPを活用した案件の提案を行ってみたいと思っています。私の所属する会社では、PHPでの開発案件はほとんどないので、提案からリリースまで行ってみたいと思っています。

関連記事一覧