合格体験記

初級試験合格体験記:坂本司様

Pocket

・お名前:坂本司様
・エリア:中部
・合格グレード:初級

Q1:PHP経歴年数とPHPに出会った際の第一印象についてお教えください。
PHP の経験年数は、4年ほどです。大学卒業後、IT企業に就職したのですが、その企業で最初に学ぶことになったのがPHPでした。その当時、文系出身でコン ピュータ関連の知識が全く無かった私でしたが、PHPの構文は大変分かりやすく、理解が進むのが早かったです。そして今となっては、PHPは最も親しみの 湧く、大好きな言語になりました。便利な関数も豊富にあり、大規模な開発にも対応できるので、アイデアまたは設計次第で様々な可能性が生まれる。そんな言 語だと思っています。

Q2:PHP技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。
PHP を用いた開発者としての自分の実力がどれくらいあるのかを知りたい!と、長らく思っていました。そこで「PHPの試験のようなものは無いだろうか」と思 い、ふとインターネットで検索してみたときに『PHP技術者認定試験』の存在を知り、迷わず「受けてみよう!」と決めました。初級試験の公式問題集を購入 し、問題を繰り返して解くという方法で一ヶ月ほど勉強をしました。公式問題集の中には初めて目にする関数もいくつかあったので、知らない関数は都度イン ターネットで検索して調べて(または自分が持っているリファレンス本を見て)覚えていきました。また、会社の実務で主にPHPを用いた開発を行っているの で、実務の中で覚えた知識も勉強に役立てました。

Q3:PHP技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?
こ のたびは無事に合格できました。それ自体には満足しているのですが、会社の実務で常日頃からPHPを扱っている私としては、もっと点数を取れないといけな かったよな・・・という反省の気持ちのほうが強いです。この反省の気持ちを糧とし、今後更に多くの開発を経験して、もっともっとステップアップしていかな ければならないと感じています。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?
い わゆる「コピペプログラマー」にならないことです。インターネットで検索して、サンプルを見つけて、コピペして試して動いたら『はい、オッケー』ではなく て、プログラムの流れの一つ一つを自分自身できちんと理解して開発すること、そして、もし自分が作ったプログラムを他の人に引き継ぐことになった場合でも 相手に仕組みを正しく説明できるようにしておくことを、自分の中での第一ルールとしています。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。
お 客様から認められ、そして求められる技術者になりたいです。そのためには、技術力を身に付けるだけではなく、人間的なスキル(お客様の要件を的確に聞き取 る力、こちらの要望を相手に理解して頂く交渉力など)も必要だと思っています。プログラミング技術は本やインターネット検索などでいくらでも学ぶことがで きますが、人間的なスキルは人との交流を通して育まれるものだと思うので、常に他者から学ぶという姿勢を大切にして自分を高めていき、お客様から「一緒に 仕事がしたい」と言って頂けるような技術者へ成長していきたいと思っています。

関連記事一覧