企業・団体人材育成事例

アルティネット社採用事例

同社は『インターネットの啓蒙普及』という基本理念のもと、全ての人々に良質なサービスとコンテンツを提供することを目的として活動している、顧客志向が 高いシステムインテグレーターです。PHPに強い企業として業界で知られており、業界団体への貢献度が高い企業という側面も持っています。PHP技術者認 定機構設立時から諮問委員として参画いただいており、経営層から技術者まで全員がPHP技術者認定初級試験を受験され、全員が合格をされるなど、PHP技 術者認定機構に対して内外で協力いただいているシステムインテグレーターです。

そこで、全社試験が終了した同社の代表取締役社長 梶浦毅一氏及び技術者である井出典洋氏、植松宏樹氏にインタビューを致しました。

PHP技術者認定機構 吉政忠志、以下「吉政」:「この度は梶浦社長をはじめとする全技術部員の受験をありがとうございます。並びに全員が合格されたとのこと誠におめでとうございます。大変すばらしく、さすが!というしかありません。」

株式会社アルティネット 代表取締役社長 梶浦毅一氏、以下「梶浦」:「恐縮でございます。当社はシステムインテグレーターとして創業より多くの案件をPHPで開発してきましたので、今までの活動の成果を1つのメッセージとして社内外に発したく、今回、全メンバーの受験を行いました。結果として満足が行く結果となりました。」

吉政:「ありがとうございます。お客様はもちろん業界での貴社のご評判をお聞きしますが、会社を経営するうえでの『こだわり』をお聞かせいただけますでしょうか?」

梶浦: 「『顧客志向』にこだわってきました。お客様の声を直接聞きながらシステムを作れる会社を作りたかったのです。一般的に良く聞く話ですが、お客様の顔が見 えないとプロジェクトに参加している技術者にとっても最終的な成果物についても不幸になることが多いと思うのです。当社は『物つくり』をしているのではな く、『システム(稼働する仕組み)』をお客様と一緒に作っています。もちろん、ソフトウェアだけでは何もできなく、使う人とその結果があってシステムにな るため、お客様と一緒に作って初めてシステムになると考えています。それ故に直接仕事を受けるシステムインテグレーターにこだわってきました。」

吉政:「素晴らしいです!そのように思う経営者は多いと思うのですが、実際に行おうとすれば、体制の維持、営業面など苦労する部分が多いと思います。」

梶浦: 「確かに一般的にはそうですね。このモデルの難しさは、お客様の想像を超えるような成果(スピード、品質、えられる経験、共有した時間)を提供し続けるこ とです。チームがしっかりしていないと、お客様の想像を超えられないのです。そして、お客様から感謝の言葉を頂くために、全社員一丸となって取り組んでい ます。まだ発展途上ですが、常に追求し、挑戦し続けていきたいです。」

吉政:「私自身、以前Javaの開発会社を立ち上げたことがありますが、実際はとても大変でした。本当に素晴らしいと思います。」

梶浦: 「恐れ入ります。当社としてPHP技術者認定機構の方針に賛同できましたので、全員を受験させました。当社はPHP技術者認定機構のみならず、OSSのコ ミュニティに対して引き続き何らかの形で還元し、双方にとってメリットになるような活動をして行きたいと考えています。」

吉政:「同じOSS業界に従事する者の一人として大変参考になりました。ありがとうございました。では、続いて、実際に受験された同社の井出典洋氏にお聞きします。井出様は変わった経歴をお持ちとお聞きしました。」

同社開発部井出典洋氏、以下「井出」:「そうなんです。33歳までパチンコ屋さんで働いていました。もともと『物つくり』が好きでしたし、不特定多数を相手にする仕事が面白そうだったので、思い切ってチャレンジしてみました。」

吉政:「最初に触れた開発言語がPHPでPHP歴は6年になるそうですね。初めてPHPに触れた時はどのような感じを受けましたか?前歴を考えると結構ハードルが高いと思いますが。」

井出: 「プログラムは高校時代に授業で多少かじったことがあった程度でした。ただ、面白かったのを今でも覚えています。インターネットの仕組みに興味を持ってい たので、本を読みながら始めることができました。最初は意外に思ったように動いたので、本当に楽しかったです。PHPは割と動いてしまう柔軟性がよいで す。その後、つまずいたら、調べたり、先輩に聞いたり、最初は試行錯誤しながらやっていましたね。今後も日常的に勉強しながら高めていきたいと考えていま す。」

吉政:「素晴らしいです。PHPはこれから始める方には本当に適切な言語だと改めて思いました。ちなみに、アルティネットについてはどう感じていますか?」

井出: 「アルティネットは皆、勤勉で好奇心旺盛な会社ですね。現状に満足している人たちの中で仕事をするより、向上心がある中で仕事したほうが成長すると考え、 当社を選びました。活気があり、日常的にも話し相手に事欠かないですね。常にいろいろ情報交換をしながら切磋琢磨していく環境がとてもよいです。」

吉政:「ありがとうございました。それでは最後に、これから開発者を目指す人へのメッセージをいただけますでしょうか?」

井出: 「言語はいろいろありますが、PHPは楽しいですよ。何か一個言語を深めるとよいです。私自身は今、フレームワークに興味があります。いけているフレーム ワークを触っておきたいです。特に仕事柄もあり、テストをしっかりやっていきたいですね。PHPは修得が速い言語ではありますが、奥も深いです。」

吉政:「井出様、ありがとうございました。続いてもう一人、植松様にもお聞きします。技術者としての経験が深そうですね。」

同社 開発部 第三グループ 植松宏樹氏、以下「植松」: 「経験が深いとは思いませんが、プログラミング歴としては高校時代から数えると15年くらいやっています。自宅にPCがありWindows95の時代から はじめています。友人宅で初めてプログラムを見た時に、ベーシックマガジンからプログラムを転記したプログラムが動くことに興味を持ち、いろいろいじりま した。当時はゲームばかり作っていましたね。(笑)その後、COBOL、C言語等を試験対応でやっていた。」

吉政:「ベーシックマガジン!懐かしいですね。私もお世話になりました。PHPに初めて触れたのはいつごろでしょうか?」

植松: 「新卒後、すぐにPHPに触れる機会がありました。PHPの第一印象はすぐに動くのは便利でした。ただ、それまではローカルで動作するアプリケーションば かり作っていたので、ネット上で動作するPHPアプリケーションに触れた時はいろいろ新鮮でした。セッションを引き継いでいくのには驚きましたね。PHP 歴は現在8年くらいになりますね。」

吉政:「ちなみに、アルティネットに対する印象はいかがでしょうか?」

植 松:「開発者を大事にしている会社という印象を持っていますね。私自身、今後も技術者として生きていきたいと考えていますので、そういう意味でも刺激にも なる会社です。良い経験を積むことができる会社に働いていると思っています。自分自身を振り返ると、去年一年間はインプットとアウトプットがあまりできて いなかったので、今年はいろいろ作りたいです。」

吉政:「私も貴社は技術者が成長する環境としてはとてもよい会社だと思います。陰ながら植松様の活動を応援致します。では、最後にこれから技術者を志す方へのメッセージをお願いいたします。」

植松:「ネットを見ているとPHPに対してネガティブなコメントがたまにありますが、市場での利用範囲は広く、新しい技術も出ているので、これから取り組んでも十分面白い
言語だと思います。是非、いろいろ触ってみてください。」

吉政:「植松様、ありがとうございました。最後に同社は開発実績が豊富な会社としても知られています。興味がある方は、是非以下の開発実績のページもご覧ください。それでは、アルティネットの皆様、ご協力ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします!」

◆アルティネットについて

ア ルティネットは、1999年に「インターネットの啓蒙普及」という理念のもと創業し、すべての人々に良質なサービスとコンテンツを提供することを目的とし て活動しています。また、技術者のスキルを高めるためには技術の本質を理解することが重要であると考え、社内教育と実務開発にOSSを積極的に取り入れて います。PHPに関してはPHP技術者認定機構 諮問委員として認定試験の運営に参加しています。
URL:http://www.ultinet.co.jp/

関連記事一覧