SNSで受験宣言をされた方にPHP7初級試験公式問題集をプレゼント

全世界のWebサイトの8割弱がPHPで稼働するようになり(W3Techs調べ)、PHPの求人数が全プログラミング言語で1位になりました。(Indeed Japan2021年7月データ集計による)当機構としては今まで以上にPHPを学習する人を支援するべく、PHP7初級試験公式問題集をプレゼントするキャンペーンを展開します。

ご自身の指定SNSで「2022年1月末までにPHP技術者認定試験を受験します!」と2021年12月末日までに宣言をされた方を対象書籍をプレゼントします。

対象書籍


インプレス「徹底攻略PHP7技術者認定[初級]試験問題集

応募方法

以下のフォームに書籍を受け取りたい住所と名前と受験宣言をした指定SNSの投稿URLを送付ください。

なお、当選は発表を持ってかえさせていただきます。

有効/無効な受験宣言

有効な受験宣言は「2022年1月末までにPHP技術者認定試験を受験します!」など、2022年1月末までに受験をする断定的な意思が理解できる宣言をSNS、ブログで行ったものです。「受験する予定」はOKですが、「したいなぁ」や「するかも」はNGとさせていただきます。

宣言文の末尾に#PHP試験を記載いただけると幸いです。(必須ではありません。)

その他、無効な受験宣言は非公開の投稿や、過去の投稿が極端に少ないアカウントフォロワーやお友達数が30名未満のアカウントやフォロワー・お友達数が確認できないアカウント無効とさせていただきます。また、お届け先の住所やお名前に不備があるものも無効とします。
また、応募された際に記載いただく投稿URLが投稿URLではなく、アカウントのURLであった場合も無効とさせていただきます。(無効な場合、その旨をご連絡しません)

対象SNS

本キャンペーンの受験宣言対象SNSは以下とします。

・Twitter
・Facebook
・Instagram

※公開された個人・企業ブログの場合は、フォロワー数に関係なく、有効とします。(ブログの場合は受験の意気込みなども添えてください。)ブログの場合は、そのURLを記載ください。

注意事項

以下の場合、正しい応募があった場合でも無効とさせていただきます。

・住所に誤りがあり、戻ってきてしまった場合
・保管期間を過ぎてしまった場合や、その他の理由で戻ってきてしまった場合
・反社会的勢力の関係者からの応募の場合
・海外の送付先の場合(今回は国内限定とさせていただきます)
・レターパックで送付できない場所の場合

その他注意事項
・本件に関して何らかの損害が応募者に与えられた場合でもPHP技術者認定機構は一切の責任を負いかねます。

応募フォーム

以下のフォームよりお申し込みください。

送信

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる