PHP7技術者認定初級試験を2019年2月より開始~ベータ試験を2018年8月から実施~

Pocket

一般社団法人BOSS-CON JAPAN(代表理事:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「BOSS-CON JAPAN」)は、BOSS-CON JAPAN内組織であるPHP技術者認定機構がPHP7技術者認定初級試験を2019年2月より開始することを発表しました。

PHPはServer-side Programming Language of the Year 2017を受賞し、全てのWebサーバーの83.1%に普及しています。(*1)PHPは世界で一番利用されているWeb技術の一つになります。一方で現在最も利用されているPHP5.6が2018年12月31日でセキュリティサポートが期限切れになるため、今後はPHP7が主流に変わっていきます。そこで、PHP技術者認定機構はPHP7をマスターした技術者をより多く輩出するべく、PHP7技術者認定初級試験を2019年2月1日から実施することにいたしました。なお、問題作成はPHP技術者認定機構 顧問でもあり、株式会社格子組 代表取締役親方 古庄道明氏が担当しています。

■PHP7技術者認定初級試験概要

試験日:2019年2月1日よりほぼ一年中実施する予定です。

設問数:40問

試験時間:1時間

合格ライン:7割正解

出題形式:選択式(複数または単一選択)

受験料金:1万2千円(外税) ※学生および教職員は50%オフでの受験が可能に。

試験センター:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター

主教材:オライリー・ジャパン刊『初めてのPHP』

出題範囲:

項目 出題問題数
PHPの特徴 2
テキストと数の操作 3
ロジック:判定と繰り返し 2
データのグループ:配列の操作 3
ロジックのグループ:関数とファイル 3
データとロジックの結合:オブジェクトの操作 2
ユーザとの情報交換:Webフォームの作成 4
情報の保存:データベース 4
ファイルの操作 2
ユーザの記憶:クッキーとセッション 2
他のWebサイトやサービスとのやり取り 2
デバッグ 2
テスト:プログラムが正しく動作するようにする 2
ソフトウェア開発で心得ておきたいこと 1
日付と時刻 1
パッケージ管理 1
メールの送信 1
フレームワーク 1
コマンドラインPHP 1
国際化とローカライゼーション 1
40

■ベータ試験の詳細とお申し込み

以下をご覧ください。

8月01日(水)開催回 https://php70801.peatix.com/

8月29日(水)開催回 https://php70829.peatix.com/

9月12日(水)開催回 https://php70912.peatix.com/

 

*1 Web Technologies of the Year 2017

https://w3techs.com/blog/entry/web_technologies_of_the_year_2017

*2 PHP 5.6 Is Now the Most Widely Used PHP Version

PHP 5.6 Is Now the Most Widely Used PHP Version

 

■■PHP技術者認定機構について

オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人です。オライリー・ジャパンが出版した『初めてのPHP5 増補改訂版』と『プログラミングPHP 第3版』を主教材及び出題範囲としています。業界初の匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」を実施しています。

認定スクール一覧:

認定スクール

カテゴリー